抜け毛が止まらない女性へ

抜け毛が止まらないなら

 生活環境の変化やストレスの増加などで、女性の抜け毛というのは10年前に比べてもかなり増加しています。
そして、それにあわせて各メーカーが女性専用の育毛剤を発売しています。しかし、どれを選んでよいかわからない!というのが正直なところではないでしょうか?
 何を基準に選ぶかと言えば、値段や匂いやつけ心地です。育毛はある程度の長期戦になりますので、値段は重要項目です。また、いくら効果があるといっても、毎日つけるものなので、自分の嫌いな臭いのものはつけたくないでしょう。

 

 

年齢・年代別のヘアケア方法がある

20代も後半に差し掛かると、まず髪のボリュームが減ったように感じます。だんだん髪の張り、コシが失われてきて「こんなはずではなかった!」と思うようになるんですね。そして、30代になるとさらに髪は痩せてきます。目立つのは分け目やつむじの部分。もともと髪が少ないところが目立つようになってきて、お辞儀をする際や、背の高い人が自分の前に立つときなど、他人の視線が気になります。

 

 髪の量はそんなに減っていないのに髪が薄くなってくるというのが、20代から50代までの傾向です。この状態から髪を増やすというのは簡単ではありません。でも、元気で健康な髪の状態を作ることは難しいことではありません。
年齢相応の髪の手入れ、ヘアケアを行えば、誰でも年齢以上の美しい髪を手に入れることはできるでしょう。

 

 

女性特有の抜け毛の原因に基づいた育毛を

女性の抜け毛の悩みというのは、男性のそれとは違います。
女性の抜け毛というのは女性特有の体の仕組みによる部分が多いです。貧血や冷え性など、多くの女性が悩んでいる症状との関連もありますし、特に女性ホルモンとの関係は密接でホルモンバランスによる抜け毛は、抜け毛の原因の多くを占めます。
また、男性にはない妊娠・出産によって毛が抜けるという現象も起こります。
その割に、男性には効果があるとされるAGA治療(プロペシアなどの飲み薬)は女性には効果がなく、女性の育毛というのは非常に難しい部分があります。
さらに、妊娠中・授乳中などは育毛剤の使用なども気をつけなければならず、抜け毛ケアにも慎重にならざるをえないです。

 

 

知っておきたい育毛に効果のある成分

 昆布を食べると髪が生えるというのは都市伝説ですが、コンブエキスは発毛に効果があるとされています。
 殺菌作用が高いグリチルリチン酸は、歯磨き粉だけでなく、育毛剤にも入っています。
 どこかで聞いたことがあるという化学成分は、知らなくても困りませんが、知っておくと育毛剤選びのひとつのポイントになります。

 

 

産後の抜け毛はいつまで続く?出産後脱毛が止まらない時の対処法

 分娩後脱毛症は出産してから2カ月くらいで発症、大体半年程度で自然に治っていくと言われており、治療は特に必要ないようです。
 大切なのはあまり気にしすぎないことです。

 

 もし意識するのではあれば食生活です。
 たんぱく質やミネラルを含んだバランスのよい食事を摂ることを考えましょう。
 育児が大変で食事のバランスまで考えられない!という方はミレットエキスやビオチン、その他のビタミンやミネラルなどを含む育毛サプリメントを試してみるとよいでしょう。

 

 それと、ストレスをためないようにリラックスすることも大切です。
 出産後は環境が変わったことでイライラしたり、育児ストレスで疲労感を感じることも多いはず。
 赤ちゃんの夜泣きで睡眠不足になることもあるでしょう。
 睡眠不足は脱毛の原因になります。その場合、パートナーに育児に協力してもらえるような環境を作ることも大切なことです。よく話し合ってみましょう。

 

 頭皮の状態や症状が気になるようであれば、頭皮をマッサージしてみるのもいいでしょう。リラクゼーションを兼ねて女性用育毛スプレーを使ってマッサージしてみてください。

 

 オススメの育毛剤は花蘭咲(からんさ)です。自然成分のほんのりとした香りが楽しめます。
 マイナチュレも無添加の育毛剤として口コミサイトで人気があり、産後の抜け毛に悩む方にも好評です。
こちらのサイトでも紹介しています。
 産後の抜け毛に効く育毛剤

 

産後の抜け毛は30代女性の抜け毛原因NO.1

 30代の抜け毛原因といえば、NO.1はやはり産後の抜け毛でしょう。
 女性は20代後半になると、肌のハリや潤いなどが失われて、外面的に衰えを感じるようになります。
 そこに、出産など大きなヤマがあると、頭皮の栄養がごっそり抜けてしまい、抜け毛が止まらないということになるようです。

 

 産後の抜け毛は自然と時期が来れば終わるものですが、ピタッと止まる人もいれば、そうでない人もいます。
 それはやはり、どれだけ手入れしているかということにかかってきます。
 忙しい中でも自分のヘアケアに少しでも時間を割いていた人は比較的、その後の抜け毛が少ないそうです。

 

 

リラックスする時間をできる

 毎日のシャンプー後に頭皮マッサージをして自分を大切にする時間を作ってみてください。育児ストレスを解消するためにもオススメです。
 最近では35歳を超えて初出産を経験する高齢出産をする女性が増えてきています。
 年齢が高くなるにつれて分娩後脱毛症の症状が長引くことがまれにあるようです。
 半年以上たっても抜け毛が治まらないという場合は婦人科や皮膚科の診察を受けるようにしましょう